ブログ

ページタイトル

続・続・愛車遍歴

愛車遍歴、今回で3回目でございます。

このように、過去の愛車達を振り返る行為って結構いい感じになれますよね。というのも先日

ご来店頂きましたF様、空冷ポルシェ964をお目当てにお越し下さいましたが、店内に入るやいなや、

ゲレンデ・バーゲンG300プロフェショナルに一目惚れ!そこから数時間の車談議となりました。

何故ならば、後ほど紹介いたしますが私もじつは、ゲレンデ・バーゲン狂でもあるのです。

では前回の続きで、SLK230と同時期に購入しましたメルセデス・ベンツ230−6(W114)です。

いわゆる、縦目のベンツというやつです。

images-5

これ、自分の誕生日プレゼントとして、自分と同じ年のメルセデスを、自分で購入しました。

しかし、このメルセデスは大変でした。燃料が有鉛ガソリン車でして、色々な添加剤を試しながら徐々に馴らして

いきました。ちなみに購入時走行距離は驚異の8,000キロでした。

なんかいいですよねー。古いくるまって!なんなんでしょう? ステアリングを切るたびに、歯車と歯車が噛み合って

作動しているような感触が感じられるとか、あっ、あと匂いですよねー。少しオイルのまじったような‥…

そして次は、何を思ったのか、全ての車を売却して当時最新の7G搭載のS500ロングを購入。

220px-Mercedes_S-KLasse_S_320_CDI

サイコーな車でした。

実は、運転免許をとった頃からの目標の車だったんです。これのために働いてきた、といっても過言では    ありませんでした。

そして、ふと感じたんです。これまで、ガチガチ、ギスギスで働き続けてきたと‥…

なんかもっと自由にラフになりたく、もっとオープンになりたいと。そして、その結果が次でございます。

images-7

ほんとに、オープン! G500カブリオ!壮快そのものです。この車で思い出すのが、青山で、すごく

気に入ったソファーをどうしても、その日に欲しくなりルーフをあけてソファーを後部シートに、差し込んで

青山三丁目の交差点で信号待ちをしていた処、何と、あのポール・スミス氏に、両手を上げて絶賛?大笑いされた

事を思い出します。

しかし、こんな面白い車も、昨年で、ファイナルモデルと、なりました。

Unknown-6

次が、これでございます。G300スペシャルではなく、PUR30 G280です。世界限定200台!

かっこいーでしょー!!

以上が、私MINOWAの愛車遍歴でした。

まさに、NO CAR, NO LIFE!

しかし、いつも思うのですが、今回の車だけは一生乗り続けようと決めるのですが、いつのまにか

愛車遍歴が増えてしまうのです。私だけでしょうか‥…

この次は、皆様の愛車遍歴を、お聞かせください。

お待ちしております。

by MINOWA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です