ブログ

ページタイトル

『清澄白河!』

皆様こんにちは!

最近、気になった街を散策する事にハマっているスタッフのmasudaです!

今、注目を集めているロースタリー&カフェで有名な街は? ピンときた人いますよね~

そう『清澄白河』です♪

 

『清澄白河』駅は、都営大江戸線と東京メトロ半蔵門線が開業した時につけられた名前で、近隣の地名であった『清澄』と『白河』を合体させて生まれたのが名前の由来みたいです。 最近では深川エリアの下は門前仲町、上は森下辺りまでを『清澄白河エリア』と言うそうですね♪

 

下町エリアで以前から美術館やギャラリーなどが多く点在し人気がありましたが、ここ数年は国内外の有名なカフェが続々とオープンして話題の街です。

 

 

オールプレスエスプレッソ、ブルーボトルコーヒー、アライズ、フクダソウカフェ、などなど名前をあげだしたらとまりません。。。

その中でも今回行ったのがアライズコーヒー・エンタングル! 清澄庭園の裏手にあり、立地や雰囲気が最高でした! そしてオーダーしたコーヒーも美味しすぎました。

店員さんおすすめのPERUとKENYA!

 

 

 

コーヒーはあまり詳しくないのですが、香り・酸味・味・すべてがいつもの感じと違います。次の日また飲みたくなっちゃいました(笑) 絶品です! ぜひ行ってみて下さい。

 

余談ですが、

清澄白河に沢山のコーヒーショップがあるのには理由がありました。 近くに木場という地名があり、その名の通り切り出した木材を保管する、天井の高い倉庫が必要になります。

そこに目をつけたのがコーヒーショップ! 焙煎機は大きくて、かなりの高さがあるため、もともと長い木材を置くため天井の高い倉庫はうってつけだったわけです。

清澄白河の有名コーヒーショップはほとんど木材を置くための倉庫だったそうです。

納得ですね!

 

それではまた~

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です