ブログ

ページタイトル

「散水車でドライビングレッスン?」Part2!

 

さてさて、「富士スピードウェイで散水車乗ってナニしてたんだ?」の続編です!

 

今回はGRAZのお客様のご要望で企画させて頂いた「ドライビングレッスン」!

ボルシェを中心に、メルセデスやBMWなど…お仲間10台ほどが参加、

「インストラクターもコースも貸し切り」の贅沢なレッスンなのです♪

 

まずは朝一番から、会場のコース作り!

エスケープゾーンなどの安全面を配慮しながら、パイロンを配置して行きます。

 

…スタッフK

遠くを見つめて、いい顔してるね(笑)

インチキ笑顔なメカニックのスタッフKは、モータースポーツが大好きなんですよね〜

もう参加者よりもワクワクです♪

 

1

 

パイロンで、スラロームや、大小の円を作り…

そこへ2014年モデルの高性能散水車で、水まき〜

 

グリップの低い路面状況をつくることで、低いスピードでも「スピン体験」や

「アンダーステア」、「フルブレーキ」といった、一般公道ではなかなかできない

クルマの挙動を体験することができるのです!

 

2

 

そ〜こ〜しているうちに、参加者のみなさまもご到着!

これだけのクルマがバァーンと並ぶと、なんだか雰囲気が出てきましたね〜

 

まずは、本日のインストラクターをご紹介し、レッスン内容をご説明!

 

6

 

さあ、ここでこの日のインストラクターをご紹介!

 

下の写真、右の白いレーシングスーツは、「SUPER GT」のチャンピオンドライバー、

柳田 真孝 選手!「柳田真孝オフィシャルサイト」

ちょっと、写真では「アイ〜ン」になってますが、ナイスガイです!(笑)

 

そして左の黒いレーシングスーツは、同じくSUPER GTなどで活躍の

吉田 広樹 選手!「吉田広樹オフィシャルサイト」

 

いずれも現役バリバリのレーサーによる、ドライビングレッスン…

参加者も少人数に限定しましたので、内容の濃〜いレッスンになる事まちがいナシです!

 

5

 

 

参加者のほとんどの方が、こういったレッスンや、サーキット走行の未経験者。

ですので、今回はABS(アンチロック・ブレーキシステム)や横滑り防止などの電子制御をOFFにし、

教習所では「やっちゃいけない!」と言われたことばかりを実践。

「ああ、自分のクルマはこういう動きをするんだ!」

「こういう時は、こうやって対処するんだ!」

そういった基礎を学んで頂く…という趣旨をご案内。

 

 

 

その後は、走行前に参加者みなさんの「ドライビングポジション」を確認!

街中や高速道路をリラックスして運転するのとは違い、

素早いステアリング操作や、アクセル&ブレーキコントロールが必要になりますので、

シートの角度や高さも変わってくるのです!

 

DSC_5459DSC_5460DSC_5459DSC_54679

 

 

 

 

 

どうです、このきめ細やかな内容…

ほんと僕らも参加したいぐらいです (笑)

 

 

 

 

 

 

 

そういえばスタッフSとKは何やってるかって?

ちゃ〜んとお仕事してますよ!(笑)

 

参加車両の、タイヤの空気圧チェックと、ボルトの増締めを実施!

一日楽しんで頂けるように、しっかりサポートさせて頂きました。

 

10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、みなさんの準備が整ったところで…

レッスンスタート!!

 

13

 

 

 

 

 

その、レッスン内容のご報告は…

次回、乞うご期待!(笑)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です